令和3年第13週 ~RS ウイルス感染症~

今週の注目感染症 令和3年13週(令和3年3月29日~令和3年4月4日)

■ コメント

・先週に続き、RS ウイルス感染症の定点当たりの報告数が全国(前週)に比べ多くなっています。
乳児期に感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。
感染している人の咳やくしゃみ、又は会話をした際に飛び散るしぶきを浴びて吸い込む飛まつ感染や、感染している人との直接の濃厚接触や、ウイルスがついている手指や物品(ドアノブ、手すり、スイッチ、机、椅子、おもちゃ、コップ等)を触ったり又はなめたりすることによる間接的な接触感染で感染します。
流水・石鹸による手洗いを行い、予防しましょう。

・福岡県感染症情報ホームページ >>詳細はこちら では、感染症発生情報、病原体検出情報などがご覧になれます。


【福岡県感染症情報センターより参照】
(令和3年4月9日更新)

戻る
メニュー
HOME 予定