令和2年第51週 ~感染性胃腸炎~

今週の注目感染症 令和2年第51週(令和2年12月14日~令和2年12月20日)

■ コメント

・感染性胃腸炎の定点当たり報告数が全国に比べ多い状態が続いています。
感染性胃腸炎の最も有効な予防対策は「手洗い」です。
トイレの後、調理前、食事の前には必ず流水と石けんによる手洗いをしましょう。
また、ウイルスに汚染されている可能性のある食品は、中心温度 85℃から 90℃で 90秒以上加熱して食べましょう。
生で(加熱しないで)食べる食品(野菜・果物等)は、しっかりと洗いましょう。
調理に使用した器具は、洗浄、消毒しましょう。
詳しくは、福岡県ホームページ
「感染性胃腸炎とは(ノロウイルスを中心に)」
>>詳細はこちら をご覧ください。

・福岡県感染症情報ホームページ >>詳細はこちら では、感染症発生情報、病原体検出情報などがご覧になれます。


【福岡県感染症情報センターより参照】
(令和2年12月25日更新)

戻る
メニュー
HOME 予定